読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誕生日100日違い

今までもこれからもKinKi Kidsが大好き

堂本光一は実在するのか考えてみた~Spiralの視点から~ Ⅱ

時間が経つと、また新たな発見と感想がスパイラル

抜け出す気なんてさらさらありません。

では、早速

【職人以上狂った以上の誉め言葉がみつからないこだわり照明】
堂本光一のコンサートを語る上で照明は欠かせない。照明だけでもお値段以上、堂本光一である。(いや、あなたがステージに立つだけでお値段以上ですけどね)筆者のコンサート経歴は、ほぼほぼジャニーズ(ほぼKinKi Kids)である為、照明に関して英才教育がその辺にゴロゴロ転がり育てられてきた。あれが普通、照明だけで泣けるんでしょ?状態である。基礎的なテキストではない、常に応用問題集を与えられてきた。改めて感謝すると同時に、、、いやいやスパルタである。(ついていけなくなった奴は振り落とされるんですか?)つまりは贅沢過ぎる時間を与えられてきたのだ。
しかし、今回、遂に応用問題集を卒業してしまった。赤本ですか?志望校はどこですか?レベル。入念な対策が必要となり、力を発揮するときがきたのである。今までも照明見てるだけで楽しい幸せ~は味わってきた。席によっては照明見れるラッキー、この曲は光ちゃんより声聞きながら照明見ちゃうの好きーも味わってきた。それでも!それでも!受験対策をしてきたはずなのに、泣かされた。照明だけで泣いた。OVERTURE…何回リピートしたか分からない。大好きすぎる。自由自在かつ力強くどこか知らない場所に連れていってくれる期待度満載の照明に、何コレ嘘デショ、私のいる空間ドコーと叫びそうだった。光一も言っているが、レザー、正面(照明?)、レザー、正面、レザー、正面のとこ!頭抱えて叫び狂いたくなった。キャーじゃない、ギャーだ。ドストライク。早速コールド負け。そんな状態で光一氏登場。本番で力を出す為には、日々の努力ですよ。私はしてこなかったのでしょうか。私の赤本探してくれ。私、OVERTUREだけにも別料金払いますけど?だって既に涙が頬を濡らしている。最高でございます。誠に誠にありがとうございまするです。横アリのアリーナで見たときは、まさに照明の中に自分がいるようで、異空間体験しちゃって、自分からレザー出てるんじゃないかと思いました。(バカ)最後のピースはお客さん。

それぞれの照明を語りたいのだが、とりあえずSHOCKを。最初のレザーが光一に集まる瞬間。はぅ~光を集めちゃってる。光を集める覚悟さえ見えちゃう~。しかも白ってね。ヒィーーーってなる。照明ありがとう。Blu-rayは特にCGみたく、今から堂本光一ヒストリー始まるよって言われても疑わない美しさである。

教材として配り歩きたいと本気で考えている。いい参考書持ってますよと。ジャニヲタさんは限定価格で。
照明の専門知識が欲しくなるくらいである。きっとまた違う見方ができるかと思うと限りなく羨ましい。派手な照明でなければならないと言うつもりはない。しかし、英才教育育ちは求めてしまう。照明だってcall&response(綴りあってる?)できると気づいてしまったから。
ここ好き、こんなんなっちゃうのー、目が足りないんですけどー、この色なにー、そもそも照明ってこんなに無限大?
…本当にありがとう。

堂本光一が照明にこだわり続ける限り、私たちも輝き続けるあなたのもの作りに付いていこうと思う。
Shomei must go on!!



Spiral見ながら書いてたら手が止まる。次のネイルSpiralネイルになってしまいそう。左手の薬指はDanger zoneでしょうか。